うちわへんろ準備(主役)編

足腰の調子が悪いが平地歩きは苦にならない。といっても歩きはやや退屈、「左手を動かすと脳が活性化する」と何かで聞いたので左手で「うちわ」を回しながら歩いていたらちょっとハマりおもしろくなってきた。山に登れない今がチャンスと「歩き遍路」にチャレンジ!うちわを回しながら巡る「うちわへんろ」で・・・準備開始!

 

●まずは遍路と何の関係もない「うちわ」作り

 百均で「手作りうちわ」二枚セットを3つ購入

「うちわへんろ」を作る

 

うちわの柄に百均の歩数計をセット(うちわを回した回数が分かる)し完成!

 おもしろくなり、全面張り・半面張り・耐水半面張り・・・色々作ってみた。風のある日は「うちわ」回しはけっこう大変!といっても屋外で無風の日は週一ぐらいだろう、多分「半面張り」でのうちわへんろになる

●菅 笠

 金剛杖・白衣・菅笠・・・どれか一つを携帯していないと「お遍路さん」と分かってもらえない。お接待を受けられない、道に迷っても声を掛けてもらえない、となる。左うちわなので右手は空けておきたい、金剛杖はパス!白衣は汚れが目立つし速乾性のものが無い、これもパス!日除け・雨避け(ビニールカバーあり)になりけっこう涼しい「菅笠」でお遍路、欠点は風圧を受ける所。

購入時についている白いアゴ紐は細いので締めると皮膚に食い込み苦しい。百均の「カラーひも」7mmに交換、ついでに頭部セットの部分に結び目を幾つか作ると被り心地が大変ソフトになる。

2017徳島マラソンは「お遍路さん」で出走!タイムは3:54でまずまずも多分これで足を痛めてしまった。

 

15年程前この遍路装束で1番霊山寺~23番薬王寺まで走った(日帰り×4日)ことがある。で菅笠には馴染んでいる。

 

●靴(下二つのどちらかで・・・)

アシックス サロマレーサーⅡ ランニング(ウルトラ)用

 

長所:軽く底厚もある、何といっても「山旅」で履き込み足にフィットしている所がグッド!

 

短所:靴が柔らかい→重たいザックを背負った時の安定性がイマイチ。防水機能が無い、履き込みソールがすり減っている

※防水機能のない靴の雨の日対策

サロモン エフェクトGTX トレッキング~街歩き 用

ウォーク中にブラリとデポ(スポーツ店)に入ったら目に止まったた靴、オールマイティー+防水で足を入れると感じ良し!で購入。

 

長所:ゴアテックス、靴がしっかりしているので重いものを背負った時歩きやすい

短所:サロモン靴は幅が狭い、疲れると圧迫感を生じる、約6時間を三日続けると左足小指側にマメができた。

 

予備のインソール(中敷)一組

 

長距離歩行中、靴中で違和感を感じたら中敷を変えると「当たり」が変化し楽になることが多い。マイ靴の中敷きを出し、厚ければ薄手のもの、薄ければ厚手のものを用意。

※足裏(アーチ部)が痛くなった時は中敷も靴下も厚手で対応する。無理をすると足底炎を生じ歩けなくなる

●ツェルト・ザック等

モンベルU.L.ドリームシェルター1型

世界最軽量の自立型ツェルト、風が吹くと何時の間にやら遠くに移動・・・自歩型ツェルト!

 

ザックはPAINE45L、やや小さい→サブバック16Lをプラスして、予定重量は約10kg

滅多に使わないガスコンロ、久々に太陽を見る

 

 

 

ホームへ