とくしまマラソン2017

5年ぶりのチャレンジ!3月の頭に30kmを一生懸命走ってみたら2時間55分!脚の余裕「0」、スピード無し、体重も全く落ちない(62~63kg)、「これではサブ4は無理」との結論を出し「じゃぁ お遍路さんで・・・」と決断・出走。

 

「何故走り出したの?」「血圧が高いので血圧130台維持の為」ちなみにジョグをしないと血圧は160~170。マラソン練習は昨年9月頃から~月間130km前後かな?

 

直前3月12日に「阿波三峰周回」を実施、45kmくらい?平地車道は一応「ラン」でジャスト10時間掛かったが「フルマラなんとか完走できそう」との自信になった。

 

 

最近「走り」が遅くなり夜ジョグでも抜かれてばかり・・・ネットに「厚底シューズばかりで走っていると遅くなる・・・」とあったのでササクラでターサージュール?を購入し勝負靴とする。

 

菅笠をかぶり・ザックを背負い・杖を持って試走!向かい風が強いと前に進めない!首の力がいる!ザックは背負い慣れている、軽ければ負担にはならないようだ。杖は邪魔、お大師さんの化身だし「大三元」「国士無双」等の字が書かれているのは珍しい(無宗教・信仰心ゼロ)。大会当日「無風であってくれ」と祈る!

いざ本番!なんと無風、堤防道をよくジョグするが「風が無い日」は年に数回だ、奇跡的!曇天で絶好のマラソン日和・・・「神」いや「お大師さん」に感謝。

 

スタート、ずいぶん前だ、邪魔にならないように杖を左手に持ち左端ギリギリイッパイを走る。給水はコンバーチューブ・ペットボトル500cc、エネルギー補給は「お気に入り」となった塩バナナ(皮を剥いたバナナに塩を振りかけたもの)1本。エイドに用無し、珍しくトイレも用無し、淡々と走る。「お遍路、頑張れ!」と沿道の声援を一手に受け時々下手な「へんろダンス!」で応える。

 

ペタペタとイーブンペース・・・スピードアップゼロで盛り上がりに欠けおもしろくない・・・30kmの壁を過ぎると苦しくなってきた、杖をついてみるも「邪魔なだけ」。珍しく今日は歩きなし、一度も止まっていない、最後のアガキ・・・声援に応える元気全くなし。

いつものとおりバテバテでフィニッシュ!時計は重たいのでしていない、同時の人に尋ねると「3時間56分」、「やったー、なんとサブ4だ!」「無理だ」と思っていたので感激の「とくマラ」で終了!

 

 

帰宅しペットボトルを確認すると飲んだ水は240cc。給水所毎にチューチューしたが意外!以前9月のマラソンで試した時は680ccだった、寒い時期ならこんなものかな~

 

記録をチェック!「ネットタイム3時間55分」、1km程歩きが入った5年前より1分遅い・・・ラストを除きほぼイーブンペースで走りきれたが走力の低下を痛感、スタミナは加齢にあまり影響はないようだ。ちなみに「遍路装束」でなかったら?-5分ぐらいタイムアップかな?

 

レース中「ザックの中には何が・・・」と多くのランナーから尋ねられ「何も」と答えたがよく考えてみると「マイ人生」が入っていたのかも?「カラ」「何もない」人生です・・・おわり!