「神山氷小屋~鷲の門に氷を!」トレイル

 江戸期に阿波藩で旧の6月晦日(夏のおおはらい)に行われていた氷小屋から「蜂須賀公への氷献上」にちなんだトレイルで歩き・走り、コースも自由。氷を解けないようにする工夫が必要…。夏の風物詩「氷」を運ぶトレイルです。

※氷小屋跡は中腹に悲願寺がある高根山の北面標高1100m付近にあります。

■実施要項

 

開  催  日:平成30年7月29日(日)。※走・歩自由。

集合場所・時間:5時30分、神山道の駅or神山温泉Ⓟ付近

ス タ ー ト:7時。旭の丸(高根山・標高約1200m)下にある氷小屋跡から。

ゴ ー ル  :鷲の門。19時まで(制限12時間)。

コ ー ス  :フリー。大川原高原から・婆羅尾峠から・中津峰から・・・等のコースが考えられる。

距   離  :40~50km。

目   標  :氷献上。氷はコンビニ・釣具店の約2kgの物を想定、大きさに制限なし。

参 加 料  :無料。※経費は均等割り。

申 し 込 み:最終7月22日くらいまでに

お問い合わせ :090-7143-7996原田真治まで

 

■準備・その他…必見!

 

  • 集合場所から氷小屋まで車で移動する。移動方法は未定、人員数に応じて。
  • 2kgの氷(主催者調達)を鷲の門まで届ける。2kg以上(上限なし)の氷を運ぶ場合は参加者が調達。氷を持たなくてもOK。クーラー・ソフトクーラー・保冷パック等氷を解かさない工夫が必要。リタイヤ自由。
  • 必需品…ザック・コンパス・食料・水・ティッシュ・タオル・替え靴下・交通費のお金等
  • 大川原高原にトイレ・水・売店(当日の営業不明)あり。
  • 中津峰中腹如意林寺にトイレ・水・自販機あり。
  • 稜線コースは林道・四国の道が主、婆羅尾峠までは赤白の目印テープあり。
  • ゴールは「鷲の門」。
  • 神山までは徳島駅(鷲の門から徒歩10分)から徳バスで、1時間に一便あり。 ・フリーコース。コース、リタイヤ場所等各自で考えておく。 ・怪我・体調不良・事故等全て自己責任とする。 ・順位?は①タイム・②氷の重量・③通過点、各ポイントの合計で決める予定。

 

■主要3コース(※フリーコース)

 

①大川原高原から国道438号へ降下(短く楽?なコース)

スタート(氷小屋)→四国の道→林道→梅の木峠から四国の道・尾根道→大川原高原→(12km)国道438号→(18km)鷲の門。総計約42km。

 

②婆羅尾峠から降下

大川原高原→林道→杖立権現から四国の道・尾根道→婆羅尾峠(車道)→八多町→県道33号→丈六寺→国道55号→鷲の門 

 

③中津峰から降下(健脚コース・山頂から縦走ルートが見渡せる) 婆羅尾峠(車道・山道、ルート多数あり)→中津峰(ルート多数あり)→県道33号→丈六寺→国道55号→鷲の門

 

※コース略図